Top >  資金計画について >  はじめが一番ラクなんです

はじめが一番ラクなんです

ここまでの話をまとめて言えることは、「住宅にかかわるお金は、購入当初が一番ラク」ということです。


マンション、買った当初は修繕積立金も安いです。固定資産税だって最初のうちは減免があるし、住宅ローン減税でお金もいくらか返ってきます。ましてまだまだ低金利時代ですから、提携ローンや変動金利なら最初の金利は低いです。


つまり、購入当初の月々の負担は、「この上なく軽い」ものだ、ということです。住宅ローンがある期間のうちは、今後これ以上負担が軽くなるということは、絶対と言い切っていいほど、ありません。年数がたつにつれてジワジワと負担が上がっていきます。(ただし元金均等返済の場合を除く。)


ですから、「これならなんとか返せる」というような余裕のない資金計画はけっしてしないでほしいのです。


最初からギリギリの資金計画を立てたために、年数がたってからアップアップになった人、せっかく一度は買った・手に入れたと思ったマイホームを泣く泣く手放した人を、私はこれまでにたくさん見てきています。


マンションでも一戸建てでも、マイホームは自分たちが充実した幸せな生活を送るために手に入れるもののはずです。返済が苦しくなって、血まなこになって必死になり、金銭的にも精神的にも余裕のまったくない生活…いくら、マイホームという「箱」があるからといって、そんな状態で生活するのが幸せといえるでしょうか。


最初の資金計画は「これならまだ余裕がある」程度にとどめておいて、ちょうどいいくらいです。大きな買い物だから、失敗できないからこそ、「無理のない」資金計画が必要だ、ということを理解して下さい。

スポンサードリンク

資金計画について

マンション購入のための資金計画の建て方について知ろう。貯蓄額と自己投資金額の違い、諸費用や頭金はいくらぐらい必要なのか?提携ローン、ボーナス返済などの返済方法について考える。管理費、修繕積立金の注意点とアドバイス。

関連エントリー

・貯蓄額と自己資金額は別モノ
・何だか多いぞ!諸費用
・頭金ゼロ借り入れのリスク
・返済額の実態を見よう
・提携ローン以外を借りる時
・固定金利か変動金利か
・リスクが高いボーナス返済
・返済方式について考える
・管理費・修繕積立金は永遠
・はじめが一番ラクなんです
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について