Top >  資金計画について >  管理費・修繕積立金は永遠

管理費・修繕積立金は永遠

マンションに住むには、管理費と修繕積立金が必須というのは誰でもご存知だと思いますが、広告ではどうしてもこの部分を外して「住宅ローンの返済金」だけで(しかも当初固定金利の安い提携ローン)、「家賃と比べて○○」などと書かれていることが多いので、やはりあらためて認識していただきたいポイントです。


管理費と修繕積立金については当初の金額だけはチラシにも書かれていますが、将来的なことまで考えると、このうちの管理費の場合は努力しだいによっては値下げも可能なケースもありますが、修繕積立金はまず間違いなく上がる一方です。


長期修繕計画を確認してみましょう。5年ごと、あるいは10年ごとなどに、修繕積立金がドドンと上がる予定になっているはずです。20年後などには当初の数倍の金額になっていることでしょう。


しかも、ここに書かれているのはあくまで予定。実際は状況に応じて見直しもありますので、最悪の場合、これよりさらに値上がりがひどくなることもあります。マンションを所有している以上、この2つの出費からは逃れられません。


家賃と比較するなら、これらも計算に入れておきましょう。さらに、車が必要な人は駐車場使用料も。

スポンサードリンク

資金計画について

マンション購入のための資金計画の建て方について知ろう。貯蓄額と自己投資金額の違い、諸費用や頭金はいくらぐらい必要なのか?提携ローン、ボーナス返済などの返済方法について考える。管理費、修繕積立金の注意点とアドバイス。

関連エントリー

・貯蓄額と自己資金額は別モノ
・何だか多いぞ!諸費用
・頭金ゼロ借り入れのリスク
・返済額の実態を見よう
・提携ローン以外を借りる時
・固定金利か変動金利か
・リスクが高いボーナス返済
・返済方式について考える
・管理費・修繕積立金は永遠
・はじめが一番ラクなんです
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について