Top >  資金計画について >  提携ローン以外を借りる時

提携ローン以外を借りる時

さて、提携ローンではなく、自分で選んで他の銀行などの住宅ローンを借りたい!となった場合、絶対にチェックしておかなければならないことがあります。


それは、契約書の、「ローン特約条項」。これは、もし住宅ローンの審査がおりなかったら、契約を白紙にしますというものです。白紙になるということは、それまで支払ったお金もすべて戻ってくるということ。この条項はとても大事なものなのです。


この条項の適用条件は、一般的には、「提携ローンまたはその他の住宅ローンが借り入れできない場合」などと記載されていますが、この「その他の住宅ローン」を条件に含んでいないところもあるのです。


それを知らずに、他の住宅ローンを申し込んで審査結果がダメで、資金のメドがつかなくなった場合、解約するしかないのですが、その際に手付金を放棄するなど、金銭的な痛みをこうむるしかありません。


非常に売主本位な勝手な内容だとは思いますし、出来れば避けたいところですが、どうしても、どうしてもそのマンションが買いたい場合、このリスクをなるべく回避するにはどうしたらいいのか?


それは、「自分が借りたい住宅ローン」と、「提携ローン」の両方を申し込むことです。晴れて希望するローンの審査が通れば、提携ローンはキャンセル。もちろん、希望したローン審査はダメで、提携ローンだけが通った場合、提携ローンを利用することになってしまいますが、それでもローン特約条項が適用できずに損するよりはまだマシです。


あ、当然両方とも審査がダメなら、ローン特約条項の対象になりますので、契約は白紙撤回となります。

スポンサードリンク

資金計画について

マンション購入のための資金計画の建て方について知ろう。貯蓄額と自己投資金額の違い、諸費用や頭金はいくらぐらい必要なのか?提携ローン、ボーナス返済などの返済方法について考える。管理費、修繕積立金の注意点とアドバイス。

関連エントリー

・貯蓄額と自己資金額は別モノ
・何だか多いぞ!諸費用
・頭金ゼロ借り入れのリスク
・返済額の実態を見よう
・提携ローン以外を借りる時
・固定金利か変動金利か
・リスクが高いボーナス返済
・返済方式について考える
・管理費・修繕積立金は永遠
・はじめが一番ラクなんです
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について