Top >  マンションの造り >  最上階住戸

最上階住戸

マンション最上階は、マンション内で同タイプの間取りの中では、もっとも高値がつけられることからも、その人気のほどがうかがえる住戸です。


人気の理由は、まず、眺望と日当たりがいいこと。おまけに広いルーフバルコニーなどがあるケースも多いです。他と比べて開放感大ですね。そして何より、マンション生活最大の悩みといえる、「上階からの騒音」に悩まされる心配がない、というのはとても魅力的です。


しかし、最上階ならではのデメリットというのも存在します。それは、夏の暑さがハンパではないこと。建物の屋上から伝わる熱と広いバルコニーの熱、ダブル攻撃でやってきます。バルコニーが暑すぎて観葉植物が育たない、という例を聞いたことがあります。


おまけにコンクリートは直射日光に晒されると、かなりの熱を蓄えます。そして夜になってもそれを放出するので、やっぱり暑いのです。ちょっとやそっとじゃ冷房は効いてくれません。


暑さに強くない人は、ちょっと避けたほうがいいかもしれません^^;


また、細かい話ですが、室内の温度が上がれば上がるほど、シックハウス症候群などの原因ともなる、ホルムアルデヒドなどの揮発物質がより多く出てしまいますので、この点も少しは注意しておいた方がいいかも。

スポンサードリンク

マンションの造り

マンションのシステムや構造の基本的な知識について知ろう。専用部分と共有部分、壁芯と内法、最上階住戸、一階住戸などの仕組み、明るいマンションについて、自由設計や永住型のマンションなどについて話していきます。

関連エントリー

・専有部分と共有部分
・壁芯と内法
・最上階住戸
・一階住戸
・マンション=明るい?
・自由設計・永住型マンション
・地主の影響を受けるマンション
・「中和室」の注意点
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について