Top >  マンションの造り >  壁芯と内法

壁芯と内法

さて、マンション選びで特に重視するポイントのひとつに、「広さ」があげられます。ところが、広告に記載されている専有面積は、その面積めいっぱいを使えるわけではないのです。


どういうことかというと、専有面積には、「壁芯(かべしん)面積」「内法(うちのり)面積」という、2つの表示があります。そして、双方で面積に含める部分の解釈がことなるのが問題なのです。


まず、壁芯面積とは、壁のちょうど真ん中部分を通る線で囲んだ面積のこと。たとえば壁の厚さが20センチだとすると、実際には住めない、いじれないスペースなのに、壁10センチ分の厚さまでは専有面積として加わっちゃうわけです。


おまけに、水道配管などを通しているパイプスペース(PS)といったところまで専有面積に含まれます。メーターボックス(MB)や外部トランクルームまでを含んでいるケースも多いです。


ですから、まったく同じ専有面積のマンションがあったとしても、これらにとられてしまうスペースによっては、実際の居住面積に差が出てきます。


これにたいして内法面積とは、住戸のコンクリート壁の内側を囲んだ面積です。おまけにパイプスペースもメーターボックスも外部トランクルームも含まれません。


ですから壁芯面積と内法面積では間違いなく数値に差が出ます。物件によって多少の幅はありますが、だいたい5〜6%程度といったところが標準的でしょうか。もちろん、内法面積の方が狭いです。


で、広告に記載されている専有面積は、ほとんどが壁芯面積です。やっぱり少しでも広く見せたいですもんねえ。そして登記する専有面積は、内法面積となります。


そのため、契約時に登記上の面積を見て「広告と広さが違う!!」「なんで実際に使える面積を最初から言ってくれないの」となってしまう人もいますが、この2つの表記の使い分けが法的に認められてしまっている以上、仕方のないことなのです。

スポンサードリンク

マンションの造り

マンションのシステムや構造の基本的な知識について知ろう。専用部分と共有部分、壁芯と内法、最上階住戸、一階住戸などの仕組み、明るいマンションについて、自由設計や永住型のマンションなどについて話していきます。

関連エントリー

・専有部分と共有部分
・壁芯と内法
・最上階住戸
・一階住戸
・マンション=明るい?
・自由設計・永住型マンション
・地主の影響を受けるマンション
・「中和室」の注意点
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について