Top >  マンションの造り >  「中和室」の注意点

「中和室」の注意点

中和室ってご存知でしょうか。多くのマンションで、リビングと隣接している、窓のない和室です。広さはだいたい4.5畳から6畳ぐらい。これって一戸建てなどではあまり見かけませんね(大きな家などで和室の続き間はありますが)。


マンション特有の和室といってもいいかもしれません。しかし、なぜ多くのマンションに、これが存在しているのでしょう?


その理由は、建築基準法における「居室」としての考え方にあります。


一般的には、一定の採光・通風がなければ、居室としてはカウントされず、サービスルーム・フリールーム、あるいは納戸といった表記しかできません。しかし、他の部屋とふすまで仕切られているだけの和室は、居室扱いにすることが例外的に認められているのです。サービスルーム扱いより居室扱いの方がイメージがいいに決まってますから、この方法を使うのです。


ちなみに、この中和室を主寝室にしている家庭も珍しくありません。


洋室を子供に取られちゃったりとかで。しかし中和室は法的には一応居室であっても、実質的にはサービスルームや納戸と同等であることには変わりありません。ふすまを閉めきって寝ることを考えれば、エアコンは必須。


しかし!なんとこの中和室にエアコンを設置することができないマンションも多いのです。これは必ず事前に確認しておきましょう。エアコンがつけられない部屋なんて、本当に使い勝手が悪いです。せいぜいリビングの続き間として開けっぱなしにしておくか、物置がわりにするか、といったところでしょうか。


日本人だから、やっぱり和室はひとつあった方が落ち着く、という人もまだまだ多いです。中和室はそんな人の希望をかなえてくれる空間でもありますので、存在そのものを否定する気はまったくありませんが、エアコン設置の落とし穴にだけははまらないように、くれぐれも気をつけましょう。

スポンサードリンク

マンションの造り

マンションのシステムや構造の基本的な知識について知ろう。専用部分と共有部分、壁芯と内法、最上階住戸、一階住戸などの仕組み、明るいマンションについて、自由設計や永住型のマンションなどについて話していきます。

関連エントリー

・専有部分と共有部分
・壁芯と内法
・最上階住戸
・一階住戸
・マンション=明るい?
・自由設計・永住型マンション
・地主の影響を受けるマンション
・「中和室」の注意点
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について