Top >  マンションの造り >  マンション=明るい?

マンション=明るい?

マンションの完成予想図にイメージ写真、そのほとんどすべてに共通している点といえば、「とても明るく見える」ということではないでしょうか。どうもマンションといえば、無条件で「明るい、日当たりがいい」というイメージが先行しがちなのですが、必ずしもそうとは限りません。


近年では、特に住戸間でのプライバシーを重視する傾向にある分、バルコニーの上下左右をコンクリートで深くガッチリ囲み、他の住戸のバルコニーから覗かれにくくしたタイプのものが増えています。しかし、これは同時に、日当たりに影響する、ともいえるのです。


そしてもうひとつ、バルコニーに面する間口の広さも日当たりに大きく影響を及ぼします。たとえば、間口が狭く、バルコニーの奥行きがあり、しかもコンクリでガッチリ囲まれている上に階高が低い…こうなると、「明るいマンション暮らし」を大期待している人にとっては、ガッカリな結果になってしまう可能性が高いでしょう。


日当たりにこだわりの強い人は、モデルルームの効果的な照明やイメージ写真にまどわされることなく、「この高さ、この幅、この深さ、そしてこの角度なら、このぐらい」と、日照を具体的に検証してみた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

マンションの造り

マンションのシステムや構造の基本的な知識について知ろう。専用部分と共有部分、壁芯と内法、最上階住戸、一階住戸などの仕組み、明るいマンションについて、自由設計や永住型のマンションなどについて話していきます。

関連エントリー

・専有部分と共有部分
・壁芯と内法
・最上階住戸
・一階住戸
・マンション=明るい?
・自由設計・永住型マンション
・地主の影響を受けるマンション
・「中和室」の注意点
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について