Top >  物件が決まったら >  内覧会の重要性

内覧会の重要性

内覧会は、これからマイホームとなる住戸のお披露目。ここで不具合などが見つかれば、指摘して直してもらう約束をします。そしてこれが、初めて中を見る自分たちの住戸の、最初で最後のチェックとなるケースがほとんどです。


この内覧会は非常に重要な意味をもっています。ここでチェックが漏れていて、住んでみて不具合などに気づいたとしても、明らかな欠陥でもないかぎり、基本的には自己責任となってしまいます、その理由は、「内覧会の時にはなかった不具合=居住者が原因を作った不具合」とみなされてしまうからなのです。


複数の違う視点で見ると、チェック漏れが少なくなりますから、できることならまず一人ではなく夫婦で行きましょう。さらにできればこの分野に詳しい身内や友達、あるいは一級建築士などにも同行を依頼した方がいいと思います。


ちなみに、この内覧会の日については、基本的には売主買主の双方の話し合いで決めます。


ところが、「内覧会は平日にしかおこないません」といったような一方的なことを言ってくる業者もあります。こんなことを言ってくるところはなおさら注意が必要ですから、なんとしても細かいチェック態勢がとれるようにして臨みましょう。


他にも、人数制限や時間制限を言ってくるところがありますが、承諾する必要はありません。非常識な大人数でないかぎり、好きな人数で行って、時間が多少かかっても見落としのないよう、思う存分すみずみまでチェックさせてもらいましょう。


もう一度言いますが、チェック漏れは自己責任、なのですから。


スポンサードリンク

物件が決まったら

アナタが気に入ったマンションの購入が決まったら、何からすれば良いのか?契約時に気をつける部分の注意点とアドバイス。重要事項説明書の重要性、契約後の解約は可能なのか?内覧会の必要性とチェックポイントなどについて。

関連エントリー

・「申し込み」の意味
・重要事項説明書は事前に貰う
・さあ契約、細心の注意を!
・契約後の解約はできない?
・内覧会の重要性
・工事が完了していないのに内覧会!?
・内覧会のチェックポイント
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について