Top >  物件が決まったら >  さあ契約、細心の注意を!

さあ契約、細心の注意を!

重要事項説明が終わったら、いよいよ売買契約書を交わすこととなります。ここからは後戻りはできません。この契約書には、物件の所在地や面積・構造や、売買代金およびその支払方法をはじめ、さまざまな契約条項が記載されています。重要事項説明と重複する内容も多いはずです。


さて、契約書の内容はすべて重要なものですが、その中でも特に注意しなければならないのは、業者にとって都合のいい一方的な内容がまぎれこんでないか?ということも見ておかなければなりません。


たとえば、竣工が遅れても売主は責任を負わないとか、多少の仕様の変更などは買主の承諾なしでもやりますよ、とか。←実際はもっと堅苦しい文章で書かれていますよ、もちろん^^;また、重要事項説明書と同じく、手付金や解約についての条項もきちんと見ましょう。


もちろん、この売買契約書についても、事前にコピーをもらっておいて、分からない点がゼロになるまでしっかりと内容を把握しておき、万全の態勢で契約にのぞむことを強くおすすめします。

スポンサードリンク

物件が決まったら

アナタが気に入ったマンションの購入が決まったら、何からすれば良いのか?契約時に気をつける部分の注意点とアドバイス。重要事項説明書の重要性、契約後の解約は可能なのか?内覧会の必要性とチェックポイントなどについて。

関連エントリー

・「申し込み」の意味
・重要事項説明書は事前に貰う
・さあ契約、細心の注意を!
・契約後の解約はできない?
・内覧会の重要性
・工事が完了していないのに内覧会!?
・内覧会のチェックポイント
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について