Top >  物件が決まったら >  「申し込み」の意味

「申し込み」の意味

さて、気にいった物件が見つかって、いよいよ申し込みとなったときには、購入申込書への記名押印および、10万円程度の申込証拠金が必要となります。さて、この申し込み、いざとなったらキャンセルできるでしょうかできないでしょうか?


答えは、できます。しかも申込証拠金もちゃんと返ってきます。なぜかというと、きちんとした「契約」をまだ締結していないからです。


契約は、あくまで契約書を交わしたときに、はじめて正式に成立するものです。これにたいして申し込みというのは、いわば契約するための予約、「買う予定ですから、他の人にはもう販売かけないでね、正式に契約交わすまで押さえておいて下さい」という仮押さえのような状態にすぎません。


しかし、業者によっては、購入側の無知につけこんで、「もう正式に申し込みしたんだから、今さら解約できませんよ」「申込証拠金の返還はできません、キャンセル料としていただきます」などと言ってくることも。しかし、これは法的な拘束力をもたないものですので、このようなことを言うのは法に反しています。


もし言われたら遠慮なく「違法行為」だと突っぱねましょう。


もちろん、買うか買わないかもまだ全然わからないのに、冷やかし半分で「まあとりあえず申し込みをしておこう、どうせペナルティないし」などと、申し込みとキャンセルをあまりに気軽に考えるのは、道義的にはかなり問題ありだと思います。


実際、申し込みが入った以上、その住戸については他の人たちに販売をかけることはできなくなるわけですから。少なくとも、申し込みの段階でも「かなり前向きに考えている」レベルではありたいものです。


しかし、申し込み時は本当に買うつもりだったけど、どうしてももう一度考え直したい、という時は、迷わずに早くキャンセルを申し出ましょう。いつまでもグズグズと考えてキャンセルが遅くなればなるほど業者に迷惑をかけますし、まして「キャンセルするのは悪いから…自分たちが我慢すれば」とそのまま買ってしまえば、住んでからもいつまでも後悔を引きずることになるでしょう。


あと、この購入申込書に記名押印をするとき、それまでの話し合いで口約束をかわしている特別な条件(たとえば値引きとか、ちょっとしたサービスとか)があれば、備考欄などに忘れず書かれているかをチェックしましょう。

スポンサードリンク

物件が決まったら

アナタが気に入ったマンションの購入が決まったら、何からすれば良いのか?契約時に気をつける部分の注意点とアドバイス。重要事項説明書の重要性、契約後の解約は可能なのか?内覧会の必要性とチェックポイントなどについて。

関連エントリー

・「申し込み」の意味
・重要事項説明書は事前に貰う
・さあ契約、細心の注意を!
・契約後の解約はできない?
・内覧会の重要性
・工事が完了していないのに内覧会!?
・内覧会のチェックポイント
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について