Top >  マンションの基本的な考え方 >  比べてみよう!購入vs賃貸

比べてみよう!購入vs賃貸

ここをごらんの方は、マンションの購入、あるいは一戸建ても含めて、とにかく「マイホーム」の購入を検討中の方だと思います。なので、「比較しなくったって、家賃をドブに捨てるよりは、買う方がいいに決まってる」とお思いのことでしょう。しかし、賃貸だって、ただ家賃をドブに捨てている、とは言い切れない部分もあるのです。


いろいろな点を比較してみましょう。


まず、資金面。おそらくこれが購入派最大の理由となるでしょう。購入すれば、ローンさえ終わればあとは毎月楽になる。ずっと支払っていかなければいけないのは管理費と修繕積立金・駐車場・固定資産税あたりですね。あと内装のリフォーム費の用意も必要になってきます。こう見ると結構な項目数になりますが、それでも、ローンがなくなった後の負担はぐっと軽くなります。また、価格の下落はあるものの、売却が可能、という資産性をもっています。


これにたいして賃貸物件は、家賃が一生モノ。老後の負担が心配です。ただし、購入側が住宅ローンを支払っている期間の負担と比べてみた場合は、一般的に見て賃貸側の方が月々の負担が軽いケースが多いようです。さらに会社によっては家賃補助を出してくれるところもありますので、この場合、その会社に在籍中の期間はますます負担が軽いといえます。


リスクについて。まず、賃貸の場合のリスクは、やはり持ち家でないだけに、立場が弱い・不安定、といったところでしょう。特に、高齢者には貸ししぶる傾向が強いことから、前述の資金面も加えて、賃貸は老後のリスクが高いといわれています。


ただ、これからの超高齢化社会を考えると、大家としても高齢者に貸さないわけにもいかない、という状態になっていく可能性はかなり高いのではないでしょうか。


購入した場合の最大のリスクは、「気軽に身動きがとれない」ことだと思います。賃貸のように、「気にいらないから引越し」とはなかなかいきません。また、途中で手放すことになった場合、その売却価格の下落も気になるところで、査定額がローン残高に満たないケースも少なくありません。生活の安定性と計画性がかなり重要になってきます。


物件の広さと品質に関しては、一部の例外はあるものの、ほとんどの場合分譲マンションに軍配が上がると考えていいでしょう。賃貸派でこの点にこだわる人は、分譲マンションで賃貸に出されている住戸を探すことになります。


身軽さに関しては、もちろん圧倒的に賃貸が上です。ライススタイルの変化に合わせて、何度でも住み替えが可能。


ただし賃貸の場合、住戸の中はいじれないケースがほとんどです。内装の自由度は文句なしに分譲マンション。


といった感じで、購入に向いている人というのは、比較的若い年代(ローンが終わってからも住む年数が長い)で、収入や仕事に安定性があり、頭金だけでなく、万が一の不測の事態にたいしての備えもいくらかはある、といった人といえそうです。


これにたいして、賃貸の方が向いている人というのは、年齢的には上から数えた方が早い世代、転勤などが多そう、毎月の給料の額が安定していない、いずれは親の家に住む予定、といったところでしょうか。


さて、あなたは本当に購入に向いているタイプですか?マイホームを手に入れるというのは、とても嬉しく、自分たちの家という実感は何物にもかえがたいものですが、その分大きなリスクと責任を負う、ということも忘れないで下さい。

スポンサードリンク

マンションの基本的な考え方

マンションの基本的な考え方を学んでいきましょう。購入するのと賃貸のどちらが良い?担当者に聞く重要性、購入までの流れ、完成予想図の注意点、人気物件の見極め方などの注意点とアドバイス

関連エントリー

・比べてみよう!購入vs賃貸
・分からない事は担当者に聞く
・マンション購入の流れ
・完成予想図を信用しない
・青田売りが主流
・ご近所付き合いがキライだからマンション?
・「本当は一戸建てがほしかった」という人へ
・女はマンションに弱い!?
・マンションの抽選について
・「完売」=人気物件?
・マンションの口コミサイト・マイスミを活用!
・家の匂いについて
・インテリアのコツ
住友不動産のサイトへ

引越しのための注意点・アドバイスを紹介しています!
イギリス・フランスのアンティーク家具&雑貨ショップ チェルシーオールドhttp://www.chelsea-old.com/★このサイトで私は家具を買いました!!


マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について