Top >  マンションの基本的な考え方 >  完成予想図を信用しない

完成予想図を信用しない

タイトル見て、「当たり前のことを言うな」と思われた方もいるかもしれませんが、この点は本当にきっちりと理解しておかなければならない点です。


広告などにある「イメージ図」「完成予想図」、これがイメージだと分かっていても、やはりまだ建物が完成していない段階では、みなさんこういったものを頼りにするしかないのです。イメージと実際が違うという点では、おもに以下のような例が挙げられます。


マンション周辺が広々としたイメージだったけど、実際はビル街で下の階は日当たりが悪かった。イメージ図では近くにある工場が描かれていなかった。なんとマンションとは関係ないどこかの緑地の写真が「イメージ」として使われていた。


まあこんな感じです。特に最後の例なんてヒドイと思いますが、こんな問題もすべて広告やパンフにちいさ〜な字で記載されている「イメージですので実際とは異なります」なんて一文で通してしまいます^^;


しかし、こういった問題って、きちんと現場に足を運んで見てみれば分かることも多いんですよ。わざわざイメージだと断りが入れられているのに、鵜呑みにしてしまう方にも問題があると思います。現場に行って、周辺から数枚写真を撮ってみるだけでも、イメージとの違いはある程度分かってくると思いますよ。


しかし…それだけでは解決しないこともやはりあります。たとえば私の知っている例では、「完成予想図と建物の色が違った(グレー系だと思ってたのに黄色っぽかった、とか)」というのがありましたね。これはさすがに出来てみるまで分かりませんよね…。


イメージ・完成予想なんて、マンション全体のおおまかな形を見る程度のものだと認識しておいた方がいいと思いますよ^^;

スポンサードリンク

マンションの基本的な考え方

マンションの基本的な考え方を学んでいきましょう。購入するのと賃貸のどちらが良い?担当者に聞く重要性、購入までの流れ、完成予想図の注意点、人気物件の見極め方などの注意点とアドバイス

関連エントリー

・比べてみよう!購入vs賃貸
・分からない事は担当者に聞く
・マンション購入の流れ
・完成予想図を信用しない
・青田売りが主流
・ご近所付き合いがキライだからマンション?
・「本当は一戸建てがほしかった」という人へ
・女はマンションに弱い!?
・マンションの抽選について
・「完売」=人気物件?
・マンションの口コミサイト・マイスミを活用!
・家の匂いについて
・インテリアのコツ
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について