Top >  マンションの基本的な考え方 >  分からない事は担当者に聞く

分からない事は担当者に聞く

いきなり失礼な言い方になりますが、マンションを購入する人であっても、その多くはマンションに関して無知、といっていい状態です。これは当然の話なのです。そもそも、マイホームはとてつもなく大きな買い物。他の買い物と違って、何度も買い替えたりするものではありません。


おそらく、ここを読まれている方も、そのほとんどが「はじめてのマンション購入」をお考えの人でしょう。つまり、マンション・一戸建てにかかわらず、マイホームの購入となると、大多数の人が「未経験」なのです。


これだけははっきり言っておきます。あなたがその道のプロか経験者でもない限り、業者側に知識で勝とうというのは無謀です。


中でも一番ダメなのは、少し勉強してかじった程度の知識を、自分で過大評価してしまい、「俺はちゃんと何でも知ってるんだぞ」という意識を持ってしまうこと。いくら頭に知識をたたきこんだつもりでも、たとえばマンション購入の手続きをもう何度も経験している営業担当者など、その世界で仕事をして食べていける人とは、やはり圧倒的な知識と経験の差があります。


そして自信家の人であればあるほど、妙に頭でっかちになってしまい、あとで「相手の話を聞いてなかった」「そういう意味とは思わなかった」と、トラブルや後悔をかかえてしまうケースが多いのです。


ですから、ここでも、マンション購入についてのポイントやヒントをできるだけあげていくつもりですが、これらを「攻撃材料」とするのは得策ではありません。まずは相手の話をよく聞いてから、疑問・質問・確認といった部分での、助けにしていただきたいと思っています。


また、ある程度物件が絞り込めるような段階になってきたら、話についてもただ聞くだけではなく、メモをとって、さらにそのメモの解釈で間違いないかどうか、そのつど担当者に確認してもらう、などといった対応をおすすめします。


「こんな初歩的なことまで聞いていいのかな」などと、恥ずかしく思う必要はありません。無知だから「何も知りません、全部おまかせします」ではダメ。無知だからこそ、前向きに検討し、真剣に考えているからこそ、納得できるマンション購入のためには、疑問や質問を残さず、確実に理解していく必要があるのです。熱意と真剣さが伝われば、担当者だって強い味方になってくれるかもしれませんよ^^

スポンサードリンク

マンションの基本的な考え方

マンションの基本的な考え方を学んでいきましょう。購入するのと賃貸のどちらが良い?担当者に聞く重要性、購入までの流れ、完成予想図の注意点、人気物件の見極め方などの注意点とアドバイス

関連エントリー

・比べてみよう!購入vs賃貸
・分からない事は担当者に聞く
・マンション購入の流れ
・完成予想図を信用しない
・青田売りが主流
・ご近所付き合いがキライだからマンション?
・「本当は一戸建てがほしかった」という人へ
・女はマンションに弱い!?
・マンションの抽選について
・「完売」=人気物件?
・マンションの口コミサイト・マイスミを活用!
・家の匂いについて
・インテリアのコツ
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について