Top >  業者のチェックポイント >  管理の種類とメリットデメリット

管理の種類とメリットデメリット

マンションの管理形態は、「全部委託管理方式」「自主管理方式」「一部委託管理方式」の3つのタイプがあります。


それぞれのメリットとデメリットをあげていきましょう。


全部委託管理方式…現在の新築マンションで、もっとも一般的となっている管理方式。日々の管理をほとんどすべて管理会社に任せるため、管理組合の役員負担はかなり軽減されます。しかし、丸投げする分管理費は高くつき、また管理に対する住人個々の意識も低くなりがちです。


自主管理方式…日々の管理を管理組合の役員でおこないます。専門業者が必要な部分についても、その業者の選定や仕事の発注は管理組合で決めます。ムダな管理がなく、人件費なども抑えられますので、管理費は安く抑えることができますが、管理組合の役員負担はかなりのものとなります。


また、そこで意識の低い役員ばかりになってしまうと、管理の崩壊からスラム化への道をたどってしまう可能性も高く、かといって管理会社への委託に変更しようとしても、大幅な管理費値上げがネックになり、話がまとまりにくいです。


一部委託管理方式…一部では自分たちで管理しながら、できないところは管理会社に委託するという、上記2方式の折衷案のような管理方式です。管理費も管理組合の役員負担も、ちょうど2方式の中間といったところでしょうか。それぞれのメリットデメリットも半分ずつ引き継いでいる感じです。

スポンサードリンク

業者のチェックポイント

住宅関連業者とのやり取りについてのチェックポイントなどについて説明。希望条件の提示のコツ、モデルルームの注意点、工事工程の見方、営業担当者の見極め、業者名簿の重要性、管理会社の契約の仕組みなどの注意点とアドバイス

関連エントリー

・希望ははっきりさせておこう
・モデルルームのワナ
・参考にしよう、工事工程表
・要注意!?竣工予定が年度末
・売約済の表示の操作?
・営業担当者の質を見きわめよう
・業者名簿は重要だ!
・管理の種類とメリットデメリット
・管理会社との契約の仕組み
・重要!「管理規約」
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について