Top >  業者のチェックポイント >  営業担当者の質を見きわめよう

営業担当者の質を見きわめよう

マンション選びにおいて、必ずおつきあいすることになるのが、営業担当者です。


でも営業担当者はマンション設計を手がけているわけでも、まして建てているわけでもありませんから、「営業の質なんてマンション購入には関係ない」と言い切る人もいるでしょう。それでも、私はこの営業担当者の質の良し悪しというのも、マンション選びの判断基準のひとつに入れていいポイントだと考えています。


まずは、営業担当者の態度から、会社の体質がある程度見えてくること。基本的に営業というのは、まずお客さんにいい印象を与えなければ話になりません。


しかし、会社から命じられた過酷なノルマ、強引な販売戦略にプレッシャーをかけられて、そんな気配りの余裕さえなくなっている営業も少なくありません。人によって性格や資質・営業手法の違いはあるでしょうが、あまりにも契約を急がせるような営業担当者がいる物件は、少し考え直してみる必要があるでしょう。


そんな営業担当者のいる業者は、客のことも考えず、ただただ利益追求だけの売主、という可能性が高いからです。


誠実な営業担当者かどうか判断するために大切なポイントだと思われる点を、ざっとあげてみます。


まず、あらゆる質問に誠実な回答を返してくれること。もちろん営業担当者自体は建築などのプロではないので、その場で答えられない質問もあるでしょうが、後日きちんと調べて分かりやすく答えてくれる人は、その場しのぎの答えを返す人よりずっと信用できると思います。


そしてこうしたきちんとした回答は、物件情報として大いに役立ちます。広告やパンフレットから得られる情報には限界がありますからね


強引でないこと。あまりに急がせたり、土下座など人情に訴えて契約をせまるようなことはしない。あくまで、客のペースに合わせて考えてくれること。


他社・他物件の悪口を言わないこと。そんなことを言いふらしてる暇があったら、自社の物件のアピールをきちんとしてほしいものです。


自社物件の強みと弱みをよく知っていること。そして客の属性をよく理解し、その客にとってデメリットと思われる部分も答えてくれること。アピールポイントはほっといてもいろいろ話してくれますから、逆に不便なところ、デメリットになりそうなところはないかを、あえて聞いてみて下さい。


物件そのもののデメリットもそうですが、客の家族構成や希望内容等まで考慮した上、考えつくデメリットまで答えてくれる営業担当者は、かなり信頼できると思います。


資金計画についても、売主のモデルプランや提携ローンだけにこだわらず、柔軟な対応をとろうとしてくれること。

こんなところでしょうか。もちろん、営業担当者がいい人=マンションもいい物件、などとイコールでつながるわけではありません。しかし、同じレベルの物件だとしたら、営業担当者がいい方が有益な情報を得られます。


そして同じものを買うにしても、誠実に対応してもらって、納得の上で買った場合と、デメリットも理解しないまま、強引な手法にのせられてつい買ってしまった場合とでは、おそらく購入後の満足度にも多少差が出てくると思いますよ^^

スポンサードリンク

業者のチェックポイント

住宅関連業者とのやり取りについてのチェックポイントなどについて説明。希望条件の提示のコツ、モデルルームの注意点、工事工程の見方、営業担当者の見極め、業者名簿の重要性、管理会社の契約の仕組みなどの注意点とアドバイス

関連エントリー

・希望ははっきりさせておこう
・モデルルームのワナ
・参考にしよう、工事工程表
・要注意!?竣工予定が年度末
・売約済の表示の操作?
・営業担当者の質を見きわめよう
・業者名簿は重要だ!
・管理の種類とメリットデメリット
・管理会社との契約の仕組み
・重要!「管理規約」
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について