Top >  業者のチェックポイント >  要注意!?竣工予定が年度末

要注意!?竣工予定が年度末

「1月あたりから3月末にかけて竣工予定があるマンションには気をつけろ」というようなことを、聞いたことがありませんか?それはなぜでしょう。実はこの時期に竣工される物件は、やたら工事を急ぐケースが多いのです。


大きな理由としては、ひとつは大多数の企業が3月末を年度末決算日にしているので、決算にそのマンションの売り上げを反映させるため、3月末までには引渡しをすませてしまいたい、という売主側の理由。


それに、この時期竣工予定のマンションを買う側も、4月といえば就学・転校・就職・転勤・異動などの主になる月ですから、「4月からはマンションでの生活」というのをまず間違いなく考えていますので、それまでに引っ越せないと大変です。


ですから特に3月竣工予定の物件などはタイミング的にギリギリもいいところなので、絶対に竣工予定を遅らせるわけにはいかないのです。ですから、何かひとつでも遅れが生じると、どうしてもどこかが急ピッチの突貫工事になります。


それどころか、最初から無理なスケジュールを組んでしまっているケースもあります。


ですから、手抜きや見落としが多くなりがちなのは必然といえるでしょう。特に、スケジュールに追い込まれる最後の段階の工事…内装などで問題が多発しがちです。


4月というキリのいい時期から新生活を始めたいからというだけで、年度末に近い竣工時期のマンションを選ぶのは考えものです。もしそれでも買うなら、上記にあげた可能性が高まることをよく認識して、よりいっそうの情報収集とチェックにつとめましょう。

スポンサードリンク

業者のチェックポイント

住宅関連業者とのやり取りについてのチェックポイントなどについて説明。希望条件の提示のコツ、モデルルームの注意点、工事工程の見方、営業担当者の見極め、業者名簿の重要性、管理会社の契約の仕組みなどの注意点とアドバイス

関連エントリー

・希望ははっきりさせておこう
・モデルルームのワナ
・参考にしよう、工事工程表
・要注意!?竣工予定が年度末
・売約済の表示の操作?
・営業担当者の質を見きわめよう
・業者名簿は重要だ!
・管理の種類とメリットデメリット
・管理会社との契約の仕組み
・重要!「管理規約」
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について