Top >  業者のチェックポイント >  希望ははっきりさせておこう

希望ははっきりさせておこう

マンションの購入という大きな買い物をする際には、自分たちの希望がどういうものなのかを、はっきりとさせておくことが大切だと思います。ここがあいまいだと、モデルルーム周りなどでクラクラしてしまい、その場の雰囲気だけで選んでしまう、なんて事態になってしまうことも。


まずは、検討すべき点をいくつかあげてみましょう。


たとえば、希望のエリアはどのあたりか。建物の規模はどのくらいを理想と考えているか。低・中・高層階、どのあたりの高さに住みたいか。住戸全体、そして各部屋の広さはどのぐらいほしいか。周辺環境として外せない条件は何か。標準設備でほしいものは何か。駅からの距離は何分まで許容範囲か。資金は頭金と住宅ローンをあわせて、いくらまで用意できそうか、という上限価格などなど…それぞれの今後のライフスタイルをよく考えて、思いつく条件をとにかくどんどん書いていきましょう。


とにかく、希望は、「紙に書く」などで、形として残すことが重要なのです。また、自分の希望だけでなく、家族全員の希望を反映させるためにも、ぜひみんなでどんどん希望を書いていきましょう。


もちろん物件検討の際は、希望をまとめた用紙を忘れず持っていきましょうね。それによって物件ごとに「どこまで条件を満たしているか」を比較することができますし、また、そこにあげた個々の希望が叶うのかどうか、漏れなく質問をすることもできます。頭の中だけでの比較検討なんて、なかなか冷静・客観的とはいかないものですよ。

スポンサードリンク

業者のチェックポイント

住宅関連業者とのやり取りについてのチェックポイントなどについて説明。希望条件の提示のコツ、モデルルームの注意点、工事工程の見方、営業担当者の見極め、業者名簿の重要性、管理会社の契約の仕組みなどの注意点とアドバイス

関連エントリー

・希望ははっきりさせておこう
・モデルルームのワナ
・参考にしよう、工事工程表
・要注意!?竣工予定が年度末
・売約済の表示の操作?
・営業担当者の質を見きわめよう
・業者名簿は重要だ!
・管理の種類とメリットデメリット
・管理会社との契約の仕組み
・重要!「管理規約」
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について