Top >  中古マンションのチェックポイント >  築年数にこだわりすぎないで

築年数にこだわりすぎないで

中古マンションの売り情報でまず見るところといえば、立地・価格・広さ・そして築年数ではないでしょうか。


しかしその築年数を見て、「これはちょっと古いよ」と思って希望から即外してしまおうと考えているそこのアナタ、築年数以外の条件についてはだいたい希望を満たしているマンションなら、ぜひ現物を見に行ってみて下さい。想像以上にいい物件だった、ということもあるのです。


マンションは新築の時はどこでもキレイですが、その後の様子は管理や修繕が行き届いているかどうかで大きな差が出てきます。


築年数がそこそこたっているのに、かなりきれい、というマンションは、これらが行き届いている、といえるのです。管理・修繕が行き届いたマンションというのは総じて住人の意識も高いので、ゴースト化のリスクも低いと考えられます。その点では将来的にもかなり安心感が高いといえるでしょう。


ただ築年数だけでしり込みするのはあまりにももったいないです。たとえ築年数が浅くても、住人の意識が低いマンションは将来的にかなり不安ですよ。


スポンサードリンク

中古マンションのチェックポイント

新築マンションと中古マンションの違いは何なのか?中古マンションのメリット、デメリット。購入を決める前のチェックポイント、共有部分、入居率、賃貸率、駐車場の空き具合などの確認。築年数へのこだわり、管理費滞納の怖さなどの注意点とアドバイス。

関連エントリー

・中古マンションのメリットデメリット
・中古マンションを隅々までチェックしよう
・共用部分もよく見よう
・入居率・賃貸率も要チェック
・駐車場の空きの有無について
・築年数にこだわりすぎないで
・怖いぞ!管理費滞納
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について