Top >  中古マンションのチェックポイント >  入居率・賃貸率も要チェック

入居率・賃貸率も要チェック

中古マンションの購入において、入居率というのは欠かせないチェックポイントのひとつだと思います。空きが多いと管理運営に支障をきたしますし、何より将来的なゴースト化の可能性が高いといえるからです。


広告などで同じマンションでいくつもの住戸が売りに出ている場合、素人目にも空きの多いマンションだというのは分かりますが、一般広告には掲載せずに売りに出しているケースがあることも考えられるので、きちんと入居率を聞いておいた方がいいでしょう。


そして何より、入居率の低いマンションは、マンションそのものに問題があって、多くの住人が嫌気をさして出て行った、ということも少なくありません。特に、築年数わずか数年なのに1割以上の空きがある、などというマンションは疑ってかかった方がいいでしょう。


また、空きが少なくとも、賃貸にされている住戸が多いマンションというのも困りものです。賃貸で借りて住んでいる立場の人間は、当然ながら持ち家ではないので、共用部分などにおいてもマナーが悪くなりがちです。


また、貸す側にしても、賃貸にしている=投資対象としている、という場合も多いので、この場合、住んでいる住人と賃貸に出している住人の間では、「自分が住む」「住まない、ただの投資対象」といった意識の違いが出てきます。


これもまた、住人のまとまりが不可欠な、マンションの管理運営に大きな影響を及ぼす可能性があるといえるでしょう。


スポンサードリンク

中古マンションのチェックポイント

新築マンションと中古マンションの違いは何なのか?中古マンションのメリット、デメリット。購入を決める前のチェックポイント、共有部分、入居率、賃貸率、駐車場の空き具合などの確認。築年数へのこだわり、管理費滞納の怖さなどの注意点とアドバイス。

関連エントリー

・中古マンションのメリットデメリット
・中古マンションを隅々までチェックしよう
・共用部分もよく見よう
・入居率・賃貸率も要チェック
・駐車場の空きの有無について
・築年数にこだわりすぎないで
・怖いぞ!管理費滞納
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について