Top >  中古マンションのチェックポイント >  中古マンションのメリットデメリット

中古マンションのメリットデメリット

さて、ここでは中古マンション購入についてのメリットとデメリットをあげていきましょう。


メリットはなんといっても、現物を見て買えること。実際に住む予定の住戸を、じっくりと見ることができます。さらに、管理の実態についても見ることができます。居住者だってある程度は見られます。


青田売りが当然のようになってしまっている新築マンション購入なら、けっして知ることができなかったことを事前にかなり知ることができるのが、何より大きな特徴です。おまけに中古ですから、ほとんどの場合新築より価格がかなり安いです。さらにこだわりの立地があれば、中古なら探しやすい、というケースが多いのも魅力です。


デメリットとしては、やはり中古であるがゆえに、どうしても設備の古さは否めないこと。


また、新築と比べて税などの軽減措置の幅が狭いこと。さらに、築年数がかなりたっているマンションの場合は、いきなり大規模修繕の負担がのしかかってくる可能性もあります。あと、どうしても生理的に「人が一度住んだ物件は嫌」という人もいるでしょう。これだけはどうしようもありませんけどね^^;


スポンサードリンク

中古マンションのチェックポイント

新築マンションと中古マンションの違いは何なのか?中古マンションのメリット、デメリット。購入を決める前のチェックポイント、共有部分、入居率、賃貸率、駐車場の空き具合などの確認。築年数へのこだわり、管理費滞納の怖さなどの注意点とアドバイス。

関連エントリー

・中古マンションのメリットデメリット
・中古マンションを隅々までチェックしよう
・共用部分もよく見よう
・入居率・賃貸率も要チェック
・駐車場の空きの有無について
・築年数にこだわりすぎないで
・怖いぞ!管理費滞納
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について