Top >  物件のチェックポイント >  何度もチェックだ、周辺環境

何度もチェックだ、周辺環境

快適な生活をおくるためには、マンションという物件そのものはもちろんですが、周辺環境という点でのチェックも不可欠です。


ところで、こういう周辺環境のチェックは結構時間がかかるので、どうしても休みの日にやりがちなのですが、それでは不十分です。休日だけでなく平日・朝・昼・夜…とにかく日時を変えてできるだけ何度も行きましょう。さらに雨の日など、天候が違う日にも行くのがおすすめです。


たとえばマンション購入の大きな動機として「通勤などのアクセスのよさ」をあげる人が多いですが、これは実際に通勤時間帯に確かめてみないと分からないこともあります。


たとえば、駅に行く途中にある踏切が、朝夕のラッシュ時には「開かずの踏切」状態になってしまい、距離そのものは近いのに、駅になかなかたどり着けない、なんてことも。


また、ラッシュ時は過密ダイヤのため、電車のスピードそのものが遅かったりして、広告に出ている所要時間より長くかかるケースが非常に多いです。ですから、ちょっと面倒ですが、朝、まずマンションの建設地まで行って、そしてそこから実際に通勤してみる、帰りもいったんマンションまで帰ってみる、これを数日続けてみることをおすすめします。


車通勤予定の人は、車を敷地外にさっと出しやすいか、というのも大きなポイントになりますね。信号がなく、交通量の多い道路に面していると、車を出すだけでも時間がかかります。ましてマンションからは、何台もの車が出るわけですから、この待ち時間はバカになりません。駐車場に接する道路の状態をよく観察しておきましょう。


他にも、たとえば休日には感じられなかった工場からのにおいや煙、昼には想像もできなかった夜の治安の悪さ、など、日を変え時間を変えることで初めて気づくことも少なくありません。


特に夜は騒音も気になるところです。仕事を持ちながら、何度も足を運ぶというのは確かに難しいことだとは思いますが、それだけとてつもなく大きな買い物をするのです。


一時の手間より、これからの長い期間の快適。そちらの方がよほど重要だと思いませんか?ぜひがんばって、納得いくまで調べつくしてください。

スポンサードリンク

物件のチェックポイント

マンション物件のチェックポイントについて。売れ残り物件ってどうなの?定期借地権つきマンションは?安くて広い物件の探し方、天井の高さや間取りの取り方、部屋のスペースや家具収納の比較ポイント、セキュリティ、防音についての注意点とアドバイス。

関連エントリー

・売れ残りってやっぱりダメ?
・定期借地権つきマンション
・安くて広いマンションはある?
・天井高と階高
・間取りの選択肢が多い
・収納も大事な比較ポイント
・意外に大変?家具の配置
・省スペースにしたいもの
・エレベーターは多い方がいい?
・セキュリティの重要性
・遮音について考える
・共用施設について考える
・駐車場と自転車置き場
・建物下部分が店舗のマンション
・免震マンションはコストに注意
・何度もチェックだ、周辺環境
・広範囲をチェックしよう!
・周辺の賃貸を見てみよう
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について