Top >  物件のチェックポイント >  免震マンションはコストに注意

免震マンションはコストに注意

地震大国・日本においては、どこに住んでいても、今後の地震被害にあう可能性があるといえます。それでもかつては甘く見られていたところがありましたが、阪神・淡路大震災をきっかけに、人々の地震にたいする意識は一気に高まり、これ以降、マンション一戸建ての区別なく、「地震で倒壊しない建物」が求められるようになりました。


特に最近は、地震の力に建物が耐えるという「耐震」だけではなく、建物に伝わる地震の力そのものを軽減する「免震」という考え方も広がってきています。建物そのものの揺れが軽減されるので、家具の転倒などの危険性も低くなる、というわけです。


そんなわけで、ちょくちょく目にするのが、免震装置を設置した免震構造マンション。ちなみにこの免震装置は、基礎と建物の間に設置します。


免震装置には、まずほとんど全ての場合、積層ゴムアイソレーターというものが使用されます。これは免震装置の基本といえますが、マンションによってはさらに3種類・4種類といった複数の免震装置をつけているところもあります。


さて、こういった免震装置は心強いのですが、問題はメンテナンス。といっても、普段動かすわけじゃありませんので、エレベーターのように月々の維持費がかかるというわけじゃありません。


問題なのはアイソレーターのゴムの劣化などです。やはり数十年もたてば、何もなくても劣化は避けられません。劣化したところは取り替えが必要になってくるのですが、なんせ免震装置はマンションの下。取り替え作業するためには、ジャッキアップなど大掛かりな作業が必要になってきます。


ジャッキアップといっても一戸建てとは比較にならない大きな建物です。おそらく、その作業だけでも莫大な費用がかかるでしょう。それに装置の入れ替えを加えると、億単位の出費になることも珍しくないと思います。


何がいいたいかというと、免震装置を備えたマンションを検討する際は、そのマンションの修繕管理面において、このメンテナンスについてもきちんと試算をとって、修繕積立金に計上しているかどうかということです。免震装置は命と財産を守るための大切な装置であるからこそ、劣化したまま放置するようなことは決してやってはいけないと思います。


また、免震装置は50年ほどはもつ、という話もありますが、あくまで自然とはことなる実験データ上の数値でしかありません。実際のところはまだ誰にも分からない、というのが現状です。


「実際のところ、メンテなしでいけるのはせいぜい20年から30年だ」という意見もありますし、たとえ修繕積立金に計上していたとしても、データだけを鵜呑みにして50年計算ギリギリでやっているところはちょっと心配ですね。

スポンサードリンク

物件のチェックポイント

マンション物件のチェックポイントについて。売れ残り物件ってどうなの?定期借地権つきマンションは?安くて広い物件の探し方、天井の高さや間取りの取り方、部屋のスペースや家具収納の比較ポイント、セキュリティ、防音についての注意点とアドバイス。

関連エントリー

・売れ残りってやっぱりダメ?
・定期借地権つきマンション
・安くて広いマンションはある?
・天井高と階高
・間取りの選択肢が多い
・収納も大事な比較ポイント
・意外に大変?家具の配置
・省スペースにしたいもの
・エレベーターは多い方がいい?
・セキュリティの重要性
・遮音について考える
・共用施設について考える
・駐車場と自転車置き場
・建物下部分が店舗のマンション
・免震マンションはコストに注意
・何度もチェックだ、周辺環境
・広範囲をチェックしよう!
・周辺の賃貸を見てみよう
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について