Top >  物件のチェックポイント >  意外に大変?家具の配置

意外に大変?家具の配置

マンション購入後、家具を設置しようと思ったら入らない。窓にかかる。コンセントが隠れてしまう…など、家具配置について後悔する人が意外に多いようです。


原因として考えられるのが、まずモデルルームの見たままのイメージを引きずってしまっていたこと。小さめに作ったモデルルームの家具ならおさまっても、一般的な大きさの家具ではおさまらない、という状態です。


窓の高さなどもそうですね。低い家具ばかりのモデルルームでは、実際より窓の位置が高く見えたりしますから。「この程度のチェストなら窓部分の下における」などと目分量でやってしまうのは失敗のもとです。


あと、自分たちの住戸で、部屋の隅などに出っ張りがあるかないかも、かならず確認しておくべきだと思います。これは本当に家具配置の邪魔をしてくれますので…^^;


もちろん、一番いいのは、「マンション購入後に部屋にあわせた家具を買う」です。これなら失敗はありませんから…とはいえ、それまでダンボール山積みで住むわけにもいきませんし、やはりある程度は最初から用意しておくのが現実的ですもんね。ですから、気をつけておくべき点は・・・


最初に用意する家具は最低限。
特に、出っ張りがある部屋の家具は、極力、事前に買うのを避ける。
玄関や各部屋の入り口の大きさ、廊下の広さ、窓・コンセントの位置、これらはすべて事前にきっちり聞いておく。もちろん、部屋のドアやクローゼットの扉などにも当たらないように。


というところでしょうか。


あと、おまけ情報として、同じ面積なら正方形の部屋より長方形の部屋の方が、一般的には家具配置しやすいことが多いです。実際にシミュレーションしてみると分かりやすいですよ。


一見広いけど、家具配置にとてつもなく困りそう。実際にこういう物件もありますので、広さや設備だけでなく、この点もよく考えていった方がいいと思いますよ。

スポンサードリンク

物件のチェックポイント

マンション物件のチェックポイントについて。売れ残り物件ってどうなの?定期借地権つきマンションは?安くて広い物件の探し方、天井の高さや間取りの取り方、部屋のスペースや家具収納の比較ポイント、セキュリティ、防音についての注意点とアドバイス。

関連エントリー

・売れ残りってやっぱりダメ?
・定期借地権つきマンション
・安くて広いマンションはある?
・天井高と階高
・間取りの選択肢が多い
・収納も大事な比較ポイント
・意外に大変?家具の配置
・省スペースにしたいもの
・エレベーターは多い方がいい?
・セキュリティの重要性
・遮音について考える
・共用施設について考える
・駐車場と自転車置き場
・建物下部分が店舗のマンション
・免震マンションはコストに注意
・何度もチェックだ、周辺環境
・広範囲をチェックしよう!
・周辺の賃貸を見てみよう
住友不動産のサイトへ



マンションの基本的な考え方
マンションの造り
業者のチェックポイント
物件のチェックポイント
資金計画について
物件が決まったら
中古マンションのチェックポイント
リンク集
運営者情報・免責事項について